こんにちは☀

かくちゃんです

 

日々少しづつ寒くなってきて

ニットの活躍する季節到来♨

(注:上の写真のニットはウールか不明
可愛いので貼ってるだけで今回の内容とは
一切関係ありません)

 

ニット選びには温かさを求めて

結構素材を気にして選ばれる方が

多いと思います。

暖が取れる素材としてはやはり

ウールが聞きなれた素材ですよね

 

今日はそのウールに関して

着たくなくなっちゃう人もいるかもしれない

“ウールの闇”を

やんわり、簡単にお伝えします

 

ウールの糸を作るために必要ななもの

それは羊毛。羊の毛。🐑🐑🐑

羊のふわふわの毛を剃って洗って紡いで糸にして

それを編んでニットにしていきます

 

草原にいる羊やヤギを想像すると

なんともほんわか平和な気分になってしまいますが

現実は違うこともしばしば…

 

羊毛を出荷する業者さんは

やはりそれが商売なので

少しでも多くのウールを出荷すべく

色々な工夫をしています

 

1匹の羊からよりたくさんの羊毛が

とれるように皮膚の面積が多くなるように

品種改良をされているようで…

 

ここからがツライ…(ノД`)・゜・。

 

原産国や羊の種類やによって違ってきますが

品種改良された羊は皮膚のしわが多いため、

おしり周りの不衛生になりがちな部分に

ウジがわいたりそれが原因で皮膚病になったり

してしまうそうで

それを防ぐためにおしりまわりを

しっぽを含め根こそぎごっそりカット✂

(もちろん麻酔なし)

してしまい、おしり周りにだけ

毛が生えてこない状態にする

これを“ミュールジング”というそうです

 

↓これ見てほしい!

😢

ね。🐑(´;ω;`)

「え~そのニット可愛いね♡」

「ありがとう~今年買ったの(^^♪」

なんていう楽しい会話の裏には

こういう現実もあるんです。

(全部が全部ではないですけどね)

 

ただ

このBLOGを書いたのは

この現実を知ってウール製品は着ないで!

と言いたいのではないです×

 

だって私ラム肉大好きだし

可愛い子羊を牧場でみて🐑

可愛い~♡ってなるけど

子羊の肉料理大好き♡

ラムチョップ最高(*´﹃`*)

 

もちろん考え方は人ぞれぞれ

動物性の製品は一切使わないのもあり

死んだあとの動物を使った製品だけ

にこだわるのもあり

最近ではミュールジングしてないという

うたい文句がついた生地などもあります

逆に徹底して全身動物性にこだわるのもあり

 

 

今回のミュールジングは際立ってエグいけど

ウール以外にもアンゴラ(ウサギ)

ダウン(アヒル)など洋服を作るために

動物の毛を刈る動画は検索すればいくらでも

出てきますし、どれもやっぱりグロ注意です。

 

とはいえ日々食べている牛や豚や鳥や

その他動物性の食品だって同じような処理を

しているからそれが間違っているとも断言できません

 

最近はファストファッションブランドも

この現実から動物性の原料は使わなくなってきてる

ところも多いです。

 

それでも口の中にラム肉いっぱいにもぐもぐしながら

この現実を見て「可愛そう😢」と思う

という選択をしたならば

 

できることは、使うときに

感謝すること

大切に使うこと

だとおもっています

 

動物性の洋服を買う際には一度立ち止まって

大切に長く着ることができるのか?

を考えてから買うようにしたいと思っています

 

 

これはあまり共感してくれる人少ないかもですが

自分が食べられるほうになることを想像するんです

草原でライオンに襲われる

 

かみ殺された後に

中途半端に腕1本食べた後に

「あ、そんなにおなか減ってないかも…

やっぱいらな~い。」

とライオンが去って行ってしまい

草原に残された中途半端な屍になるのと

 

かみ殺された後に

ライオンが大喜びで我を忘れる位夢中に

むしゃむしゃ食べてくれて

跡形もなくなるくらいに

骨もバリバリかみ砕いてくれて

すべて食べつくして満腹になって

「あ~最高においしかった!心底満足!」と

なんならおなか一杯になって

安心してそのままあおむけになって爆睡しちゃう

私は断然後者がうれしいです。

 

 

動物性の製品を食べるのも使うのも

後者のライオンと同じようにしたいな。